RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
ライブ演奏曲解説
8月8日(土)青山「シーバード」で演奏した
ヴィラ・ロボスの「ブラジル風バッハ第5番」のアリア
という作品、

原曲はソプラノ独唱と8つのチェロのための曲で、
のちにソプラノとギターのためにも編曲されていて、
それをもとにフルート、チェロ、ギターの編成で演奏しました。
ロボスはブラジルの民俗音楽を素材にした作品を多く作っていて、
またチェロとギターにはとりわけ強い愛着があるように思います。
心を強くつかむ美しいメロディー、それを支える精緻な伴奏が
とても魅力的な曲です。

ヴィラ・ロボスは多作家(1000曲近く)でハーモニカ協奏曲、
図形楽譜の曲、など作風も多様で柔軟。
現代奏法を駆使したフルートとチェロのための「ジェットホイッスル」
という曲はrace-tのチェリストとフルーティストで演奏した事があります。

(Heitor Villa-Lobos 1887年3月5日 - 1959年11月17日)
没後50年です。

(Fl 吉田)
author:race-t(ラセツ), category:LIVE/演奏会, 22:49
comments(0), trackbacks(0), pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 22:49
-, -, pookmark
Comment









Trackback
url: http://race-t.jugem.jp/trackback/21